Blog マーケティング

マーケティング初心者向き 世界的権威のご紹介

マーケティングの勉強をはじめたいのですが、どこから手を付けていいかわかりません。

そんな悩みがある方に向けて、自分で学習するための一歩となる検索するための
マーケティングの世界的権威をご紹介します。

 

本記事ではフィリップ・コトラー氏が発起人となっているワールドマーケティングサミットオンライン(2020年11月オンラインで実施)の中でも世界的権威とされている人を中心に、

マーケティング所学者に必ず知ってほしい方々を紹介しています。

 

フィリップ・コトラー(Philip Kotler)

誰に聞いても疑う余地がないマーケティングの世界的権威。
この人を知らない人は勉強が浅いといわれても仕方がない人物。
その功績として、もっとも大きなものは「マーケティング」を体系化したとされています。

プロフィール

ノースウェスタン大学 ケロッグ経営大学院 教授

マーケティング&イノベーションの世界的権威として知られる。
ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務め、様々なマーケティング理論を構築。多くのグローバル企業経営者に影響を与えた。

フィリップ・コトラー教授はマーケティングの世界的権威である。ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院 SCジョンソン&サン・ディスティンギッシュド・プロフェッサー。シカゴ大学で経済学修士号、MIT(マサチューセッツ工科大学)で経済学博士号を取得した後、ハーバード大学で数学、シカゴ大学で行動科学を研究した。~中略~IBM、GE、AT&T、ハネウェル、バンク・オブ・アメリカ、メルク、スカンジナビア航空、ミシュランなど、アメリカおよびグローバル企業でマーケティング戦略やプランニング、マーケティング組織、国際マーケティングのコンサルティング活動を行っている。

ワールドマーケティングサミットオンライン(https://e-wms.jp/speakers2020/philipkotler/)より

オススメ本





・Marketing 5.0: Technology for Humanity※翻訳版はまだ発売されておりません。

 

デービットアーカー(David Aaker)

ブランド論の世界的権威。
ブランドの収益への貢献という考え方を知らしめた人物。

ブランドは資産であるという考えを広めたことにより、
概念的だけでなく企業の資産価値を算定する際にでもブランド代を算定して計上することが当たり前になっています。

マーケティングの中でも重要な要素の一つであるブランド。これに興味があるならぜひ、書籍を読んでみてください。

プロフィール

プロフェット社 副会長
カリフォルニア大学バークレー校ハース経営大学院 名誉教授

ブランディング論の大家。カリフォルニア大学バークレー校ハース・スクール・オブ・ビジネス名誉教授。
プロフェット社副会長。ブランド・アイデンティティの概念を提唱し、ブランド研究の世界的な権威として知られる。1996年、マーケティング領域で目覚ましい業績を残した研究者に贈られる「ポール・D.コンバース賞」を受賞。

ワールドマーケティングサミットオンライン(https://e-wms.jp/speakers2020/philipkotler/)より

オススメ本




 

おすすめの学び方

本を買って実際に読むことが一番です。

定着率に差が出てくるため、使うことを考えれば、
紙の本で買うのが一番身につきます。

これは過去、海外の大学の研究で定着率をテストで図ったらしいです。結果、モニターで読んだ教材は短期的な記憶に、
紙の本で読んだものについては、長期的な記憶となっていたそう。

本に書かれているエッセンス自体はWebで漁ればでてきます。
しかしマーケティングは学校のテストとは違って、いざ実践で使えるか?が肝心
そのため、しっかりと自分の知識にいれることが効率よくできる紙の本がおススメです。

また、紙の本の重みや存在感は本に向かう動機付けや自身の投資として目に見えやすいので、
そういう面でもオススメ。

なので、紙の本>電子の本>Web上で書かれているエッセンス。という順序だと考えます。

ここで上げている書籍は誰に聞いてもオススメと書かれているぐらいには
マーケティング関連の中では体系立てられており、少し発行年は古いかもしれませんが、基本的で鉄板な本です。

ぜひ、お手に取ってみてください。

-Blog, マーケティング

© 2021 coroblog