Blog

マーケティング初心者の独学におすすめなサイト3選

マーケティングに興味ある人「マーケティングっていうけど、なにやら難しそうでよくわからない。 広告のこと?調査のこと?興味はあるけど、よくわからない。 これさえ読んでおけばOKみたいなサイトの情報があれば知りたいです。」

こういった質問に答えます。

 

この記事を書いている私は新卒から10年以上マーケティング支援業務に携わってきました
今もマーケターとして働いています。その実体験に基づいて、ご紹介します。

マーケティング初心者の独学でおすすめサイト3選

結論として、おすすめは以下の3つです。
マーケティングを学ぶことができるサイトはたくさんありますが、○○マーケティング(例えばSNSマーケティングなど)ではなく、マーケティングの本質をも学べるようなサイトを選びました。なぜなら○○マーケティングというのは、大きな目的をかなえるための手段であることが多いです。学ぶ際にはその知識を使うかまで意識したほうが効率が上がるので、大きな目的の作り方までしっかりと学べた方がいいと思っています。

もう細かくおすすめのページなど、紹介していきます。全体→部分の順で学び、興味あるところを深堀していけばいいと思います。

 

wikipediaの使い方

おそらく人生で一度は使ったことあるのではないでしょうか?
マーケティングで検索しましょう。リンクも貼っておきます。

マーケティング
デジタルマーケティング

おそらく、マーケティング用語の多さにめまいがします。私はしました。

無理もありません。膨大です。
でも安心してください。すべてを完璧に理解する必要はありません。

理解してほしいのは、マーケティングとは何か?について。
アメリカ・マーケティング協会が発表した定義も載っています。
マーケティング活動を正しく行っている人の間では、そういう理解が前提になっていることも多いです。
少しわかりにくいかもしれませんが、必ず見てください。

たとえば、wikipediaに乗っている2007年アメリカ・マーケティング協会のマーケティングの定義

”Marketing is the activity, set of institutions, and processes for creating, communicating, delivering, and exchanging offerings that have value for customers, clients, partners, and society at large.”

”マーケティングとは、顧客、依頼人、パートナー、社会全体にとって価値のある提供物を創造・伝達・配達・交換するための活動であり、一連の制度、そしてプロセスである。”

この定義からは決して、広告活動がマーケティングだ。とか、調査がマーケティングだ。なんて言っていないことがわかるでしょう。
あくまで、それらはマーケティング活動の一部であって、部分でしかないことを押さえておいてください。

noteの使い方

今はnoteをあさるだけで良質なコンテンツも見られます。
独学する人にまず見てほしいのは、高広さんのnoteです。

高広伯彦のmediologic: note支店

実務を経験されたうえで、アカデミックな知見も豊富にあり、
マーケティング活動の本質について教えていただけます。
2つおすすめのコンテンツを紹介します。

マーケティング能力を上げるための1シート

SEOのその先+これが本当のコンテンツマーケティング。WPO = Web Presence Optimization という考え方について

その他、島袋さんもおすすめです。

島袋孝一*しまこ*アプリを作るならヤプリ

marketing.jpの使い方

今は更新が止まってしまっていますが、私がすごくお世話になったサイトです。マーケティング入門者を応援するブログメディアの名前に偽りないです。書き出されたのはもうだいぶ前のことになりますが全然今でも学びになることが多いです。

マーケティングis.jp

このサイトは今の私のマーケティング感に大きく影響を与えていただきました。
この中でも読んでほしいのは以下のエントリです。

マーケティングの現在地

「じょうごモデル」から「どかんモデル」へ

マーケティング・コンセプトとは

 

学んだマーケティングの活かし方

結論から言えば、簡単なステップとして、今の自分の仕事に結び付けてみましょう。

企業に勤めていれば、自分の企業をマーケティングを見てみる。あるいはお客さんのマーケティング活動を見てみる。
もし自営業であれば、事業をよりよくするために足らないところを見つけて、足らないところを個別に対応していきましょう

あるいはプライベートで、例えば婚活の自身の戦略を考えるのに使えるかもしれません
あなたを魅力的に思える層がどこで、どんな魅力をどのように伝えて感じてもらうか。それを試して実行する。そしてどうよりよく自分磨きをしていくか…
そういったところにも使えると思います。

マーケティングを仕事にするには

とはいえ、もっとちゃんと事業会社でマーケターとしてやってみたい。マーケティング支援業務を行っていきたいという場合は、
転職を視野に入れましょう。もちろん、今の環境でマーケティングでできたり、副業できる場合はそれにも目を向けてみましょう。

私は転職活動≠転職だと思っているので、自分の今後がわからない場合、転職エージェントに相談しに行ってました。
今いる会社よりいい会社が見つかれば、転職はもちろんやぶさかではない。という意識で。

人は、比較対象がないとなかなか意識したり言語化したりできないものです。
アイフォンだけを見ていいところを考えるよりも、アイフォンとアンドロイドを比べた方がアイフォンのいいところをたくさん言えると思います。

自社と転職候補の会社。あるいは今の自分の価値と転職で求められる価値。
転職活動をしていくことで、つまりは自分を知ることにつながると思います。

その手助けをしてくれるのが転職エージェントです。
マーケ職でいうと、広告・広報・メディアで強みのあるマスメディアンがおススメです。

coro
ぜひ、マーケティングを仕事にしたい方はまず登録してみることをおすすめします。 もちろん無料です。

(無料)マスメディアン 転職支援サービス

-Blog

© 2021 coroblog