転職

20代のマーケティング職への転職で登録マストなおすすめエージェントのご紹介

20代のマーケティング職を目指している人 「マーケティング職につきたいと思っているが、できるかぎり無駄な活動はしたくない。 本当に大手サイトがよいのか?これからマーケターとして就職したいので、 これが実現できるエージェントを知りたいです。」

こういった疑問に答えます。

 

この記事を書いている私は、
新卒で地方の広告代理店のプランナーとして5年、その後、調査会社でリサーチャーをし、
その後デジタルマーケティングの企業で働いています。

実際の転職した際の経験に基づいて、解説します。

 

20代マーケティング職でおすすめの転職エージェントは「マスメディアン」

 

結論として、転職エージェントは「マスメディアン」がおススメです。
なぜかというと、「大手サイトでは拾いきれないような案件があるから」です。

 

体験談:マスメディアンで無事に転職できた話

 

具体的なお話をすると、新卒で5年間プランナーとして働いたのち、

次の転職先を探した際、その時の自分が興味関心を持ったのは、
マスメディアンからの紹介先でした。

 

マスメディアンの紹介案件がよかった理由

会社としては、電通や博報堂とかの超有名な企業と比べると小さな企業だけど、マーケティングの世界では大分とがったことをやっている会社だったり、
他のエージェントにも載っている会社だけど、マーケ職の募集があったり、でした。

 

小さな企業に魅力感じた背景

 

新卒時代に広告代理店で務めた経験でそう思っていました。

会社の規模でクライアントの規模は変わるところは正直あります。だけど、マーケティング業務を1社だけで担っていることは、本当に稀。それに電通や博報堂がコンペで100%勝つかといえば、全然そんなことなく。
強みのある企業だと全然そこに食い込めるということを知っていたから。

 

余談ですが、もちろん大手広告代理店の募集もありましたが、契約社員の募集が私の時はほとんど。上記の考えがあって、私はあんまり契約社員には魅力を感じられませんでした。

 

おすすめの転職の仕方

 

とはいえ、ってこともわかります。
なので、おすすめのマーケティング職への転職方法として「大手エージェント+特化型エージェントの登録」がおススメです。

なぜなら、ちょうどデメリットを補完しあえる関係だから。

 

それぞれのメリットとデメリットを考えてみる。

大手エージェントのメリット・・・案件が豊富。転職全体のプロセスがしっかりしている。

coro
実は、案件が豊富っていうのは大きくて、絞り込んだ結果、行きたい企業がないと結構凹みます。 転職って結構パワーのいることなので、そういうメンタル面はケアしておいた方がいいと思います。 また、転職全体のプロセスが慣れているので、ぐいぐい引っ張ってくれます

 

大手エージェントのデメリット・・・比較的大手が紹介されやすく、こちらも知ってる会社を選びがち

coro
一見デメリットじゃないんです。が、案件ひとつひとつの詳しさは、大手以外だと疎かになりがちでした。 それもあって、超有名会社と無名会社を比べると、どうしても無名会社を見出しづらく、 知らず知らずのうちの自分の狭い視野だけで判断してしまうという危険性がありました。

 

特化型エージェントのメリット・・・本当にそのエージェントしかない案件がある。担当者が結構詳しい

coro
掘り出しもの的な感覚になれる案件に出会えました。担当者も結構その会社について詳しかったことが心強いです。

 

特化型エージェントのデメリット・・・求人数が少ない。

coro
これにつきます。ないときは本当にない。

 

ココがおすすめ

「大手エージェント+特化型エージェント」の二刀流の登録がおススメです。

 

おすすめの就職サイトはこちら

大手エージェント。転職しようと思ったらまずはこの辺を。少なくとも1社は登録した方がいいです
≫リクルートエージェント
≫マイナビエージェント
パソナキャリア

特化型エージェント。マーケティング職への転職めざすなら必須

≫マスメディアン

 

よくある質問:未経験でも問題ないの?

 

私の場合、新卒で経験してしまっているので、実体験ではないですが、問題ないはず。
特に若い時の場合は。あまり書くと長くなるので、別の記事にしようかと思います。

端的に言うと、このようのなかで自身が顧客という意味まで含めるとマーケティングに関係していない人はいないから。
それを自覚して、仕事にするマインドが何より重要です。

→ただし、マーケティングの勉強はしておきましょう。

マーケティングの勉強におすすめな本はこちら。

・コトラーのマーケティング・コンセプト

・この1冊ですべてわかる 新版 マーケティングの基本

coro
一方、いわゆるクリエイティブな仕事(コピーライターとかデザイナーとか)は仕事としての未経験は問題ないですが、 スキルがないと厳しいと思います。この辺りは転職エージェントに相談してみてもいいかもしれません。 コピーライターは宣伝会議が主催している宣伝会議賞で賞を取れれば、道は拓けますが、マジで狭き門です。 仕事してない人が取れることもありますが、している人でも狙って取れないぐらい難しい賞です。※だから価値があるんですが

-転職

© 2021 coroblog