30日チャレンジ

[30日投稿チャレンジ ]DAY10 自分のための名言3選(漫画編)

DAY10

少し間が空いしまいました。間が空いてしまうとブログって途端に書きづらくなりますね。

実際この何日間か書けない状況に陥ってました。環境面で書けなかったのが3日。それをうけて書くのが面倒になったのが1日という感じです。

こういう何かの取り組みっていうのはエンジンみたいなものだと聞いたことがあります。もしかしたら、聞いたことがなかったかもしれませんが、ふと頭をよぎったことがあります。

「やる気はエンジンのようなものだ。」エンジンはかけ続けなければだめだ。一度止めたらエンジンの始動に時間がかかる。それはやる気も一緒。

やる気はそんなに高性能ではないので、止めてしまうとスタートまでに時間がかかってしまいます。これはどこぞのPCみたいにずっとスリープモードにしておかなきゃダメですね。

この30日チャレンジと銘打った取り組みは、完全に私の自己満足ブログなので、こういう書くことがないことを書くみたいな芸当ができてしまうのがいいところですね。

そんなやる気のない心を動かすために、本日のテーマは自分のための名言3選(漫画編)としたいと思います。

リンクとかは暇になったら付け加えます。今日は紹介だけ。

名言① アイシールド21より 夢見がちな自分に喝を入れたい名言

…ないもんねだりしてるほどヒマじゃねえ。あるもんで最強の闘い方探ってくんだよ。一生な。

稲垣理一郎原作・村田雄介作画の漫画『アイシールド21』に登場する蛭魔妖一(ひるま よういち)のセリフ。

かつての仇敵と共闘することになったときのセリフです。アイシールド21の紹介は割愛しますが、いつかやってみたいです。

身体能力が恵まれていなかったが、それでもなお上(最強)を目指して、あの手この手を突き詰めていくという蛭魔の精神性とやりすぎな理由が垣間見えるシーンとセリフでした。

名言② 3月のライオンより 人と比べて動けなくなっているときに、奮い立たすための名言

しかし「縮まらないから」といってそれがオレが進まない理由にはならん
「抜けない事があきらか」だからって
オレが「努力しなくていい」って事にはならない

羽海野チカの漫画『3月のライオン』に登場する島田開のセリフ。

誰かも彼も他人を意識しながら生きている中で人と比べて落ち込んでいる自分に改めて聞かせて、動かしたいときの名言ですね。

話変わりますが、この羽海野チカさんがキャラクターデザインされたFGOのオベロンが実装され、無事にお迎えできました。ありがたや。

名言③ ダイの大冒険より 逐次、人生の指標にしたい名言

一瞬…!! だけど… 閃光のように…!!!

漫画『ダイの大冒険』よりポップのセリフ。

大魔王との戦いの中、絶望をつきつけられたポップがそれでも人間の意地を見せる際に言い放ったセリフ。

漫画では、このセリフの前に自身の母親と死について話すんですが、この死を怖がるというのがまさに自分も死ぬのが怖くなっていた時期と重なっていたため、自分と重ね合わせていました。

それも相まって、この名言は本当に好きです。

あとがき

名言を探して、コメント書くのが意外と時間かかりますね。30分以上かかってしまいました。

本当は5選にしたかったのですが、時間の都合上3選としました。

弱い自分を許しておくれ。どこかでまた自分が思う名言を紹介したいと思います。

ひとりブレストコーナー(ブログのネタだし)

  • 泳ぎ方をいまさらyoutubeで学んでみた
  • コピーライティングを簡単にまとめてみる
  • 休日ほど時間が短く感じるあれってなんなの?
  • Tiktokとかで流行っているこれだけやれば痩せる動画のまとめ※ただしyoutube中心
  • 携帯変更時の思考のメモ
  • お金の稼ぎかたについての一考察
  • このブログにつけたい機能
  • 作業を行いやすくるするための最初の一歩

以上です。

本日はここまで。

coro
お読みいただきありがとうございました

 

-30日チャレンジ

© 2021 coroblog