名言

沈んだ気持ちにきっと効くこころの処方箋 河合隼雄の名言 

落ち込んだ気持ちのひと「やることなすこと、上手くいかないように思える。人間関係や仕事も上手くいかないし、 少し生きるのが辛い。」

そんなあなたに紹介したい名言です。

 

この名言は河合隼雄(かわい はやお)氏が書籍「こころの処方箋」でお話されています。
河合隼雄氏は(1928-2007)兵庫県生まれ。
京大理学部卒。京大教授。日本におけるユング派心理学の第一人者であり、臨床心理学者。
文化功労者。文化庁長官を務める。独自の視点から日本の文化や社会、日本人の精神構造を考察し続け、物語世界にも造詣が深かったとされています。

名言の紹介「ふたつよいことさてないものよ」

 

ふたつよいことさてないものよ

河合隼雄氏の著書「こころの処方箋」

心理学者をして、人間の心などわかるはずがない。
だから、人間のこころに関する「法則」などもあてにならなかったり、一面的で頼りがいとないもの。
とする河合隼雄氏がそれでも割りと好きという法則として述べられた言葉である。

 

ふたつよいことさてないものよ の意味

ひとつよいことがあると、ひとつ悪いこともがあるとも考えられるということを意味しています。

 

こころに効かせる名言の使い方

ひとは、とはいえ、いいことだけで充たしたい存在だと思っています。
でも、現実にはそんなことはなく。むしろ悪いことばかりが目をつくことがあるでしょう。
そういうときにこの言葉を思い出してください。

悪いことを受け入れる心構えができ、いらない腹立ちをすることができると思います。
また、この法則は世のことはバランスでなりたっているよと教えてくれており、
ふたつ悪いことも、さてない。と言っていることです。

悪いことがあったさいもよく見てみれば、きっと良いことがあるってことを思い出させてくれます。

coro
嫌なことがあったときにこそ、口に出して言ってみてください。少し気分が和らぎますよ。

この名言を紹介しようと思った理由

この名言のさて というところがすごく好きです。絶対ない といっていないところがいいです。なかなかない。けど、あるかもしれない。

そこに世の中の不合理さとか運とかそういうものを感じられるし、
完璧な運任せではなく、つかみとってやる!みたいな意思も込められる気がしています。

この名言はこころの処方箋に掲載されています。

興味がある方はぜひご一読ください。
稀代の心理学者がやさしく語りかけてくれるような本なので、
読むだけでも癒されます。

その他、河合隼雄先生の著書でおすすめ本

-名言

© 2021 coroblog